フランスAir Liquide社は2015年3月23日、ドイツKarlsruhe Institute of Technology(KIT:Karlsruhe工科大学)と共同で実施している「bioliq」プロジェクトで、第2世代バイオ燃料を生産するパイロットプラントの稼働を開始したと発表した。このパイロット実験は、残留バイオマスから高品質な硫黄を含まない燃料を生産するプロセスの実現可能性を実証することを目指している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)