ドイツMerck Serono社と米Intrexon社は2015年3月30日、キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)を用いた癌治療の開発と商業化に向けて、独占的な戦略的共同研究契約とライセンス契約を締結したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)