腫瘍浸潤リンパ球(TIL)を利用した新たな癌免疫治療を開発している米Lion Biotechnologies社は、2015年3月30日、チェックポイント阻害薬である抗CTCL4抗体、イピリムマブをTILとともに転移性メラノーマ患者に適用した予備的なフェーズI試験で好結果が得られたと発表した。詳細は、米Moffitt癌センターの研究者たちによって、テキサス州Houstonで開催された米外科腫瘍学会2015で、3月27日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)