米Syndax Pharmaceuticals社と米Merck社は3月31日、肺癌および悪性黒色腫の治療として、クラスIヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害薬entinostatと抗PD-1抗体pembrolizumabの併用療法の安全性と有効性を評価するため、臨床試験に関する提携契約を締結したと発表した。フェーズIb/II試験が計画されており、2015年下半期に患者登録が開始される見込みだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)