今後5年間の日本の食料政策の方向性を決める食料・農業・農村基本計画(原案)が農林水産省によってまとめられ、3月18日からパブリックコメントが始まった。審議を経て2014年度中に閣議決定される見込みだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)