ハウス食品グループ本社中央研究所は、切ったときに催涙成分(LF)が極端に少ないタマネギ系統を作出した成果を、千葉大学で開催された園芸学会平成27年度春季大会で2015年3月28日に発表した。重イオンビーム照射による突然変異誘発と照射集団からの選抜で育種した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)