CRISPR/Cas9を用いたヒト生殖細胞系列のゲノム編集の実施の可能性が高まる中で、カリフォルニア州Napaに集まった多様な領域の専門家たちによって、この技術がもたらす様々な影響に関する議論が行われた。以下はその概要と提示された勧告を示す。詳細は、米California工科大学のDavid Baltimore氏らによってScience誌電子版に2015年3月19日に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)