Wmの憂鬱、アイデンティティ・クライシスにはまった? 武田のゲノム医療【日経バイオテクONLINE Vol.2227】

(2015.03.30 19:00)1pt
宮田満



 グローバル化を急速に進める武田薬品工業が、真の意味で国際競争を得るための方策に途方に暮れているのではないか? とここ最近疑うようになりました。グローバル化の副作用によってかえって舶来信仰が強まり、折角世界第2位とも中国に抜かれて第3位ともいわれている日本の科学技術力を活用することを忘れているようにしか、思われない。スイスRoche社、スイスNovartis社、米Pfizer社、そして米Amgen社や米Gilead Sciences社などの方がしたたかに日本の科学研究にアクセス、宝を掘り当てているというのに…。なんだかかつてのソニーの轍を踏むような戦略的な過ちを犯しそうです。真のグローバル企業は、信頼されるブランドもあり、最もアクセスが良い国内の研究資源を国際的にきちっと評価し、それを競争力に転じる力のある企業であると考えます。現在、我が国の医療システムも急速にクリニカルシーケンスへと向かいつつあります。我が国のトップ企業である武田薬品こそ、我が国の個の医療の基盤整備に資金を投入すべき時であると、確信しております。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧