日本捕鯨協会は2015年3月24日、プレスセミナーを都内で開催した。昭和大学医学部顕微解剖学教室の塩田清二教授(写真)らが登壇し、鯨肉抽出物が認知症予防・改善効果を示した動物実験の結果を紹介した。この結果を受けてヒトでの検証研究を実施する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)