既存の方法よりも低侵襲で高い効果を得るため、再生医療で用いる細胞を変更したり、培養法を変えたりする動きが広がっている。2015年3月19日、横浜市で開かれていた第14回日本再生医療学会総会のシンポジウム「臨床応用の現状」では、開発中の次世代型の軟骨や血管・組織、肝臓の再生技術が紹介された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)