月桂冠総合研究所は、岡山市で開かれている日本農芸化学会2015年度大会で、清酒醸造関連ペプチドの健康機能に関する研究成果を2題発表する。演題名「麹菌が産生する環状ペプチド、デフェリフェリクリシンによるマウス血清尿酸値の低減効果」は2015年3月27日に、「酒粕の体を温める効果」は3月29日に発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)