オリンパス研究開発センター医療技術開発第二本部の小林正敏本部長は2014年3月20日、横浜市で開かれていた第14回日本再生医療学会総会のシンポジウム「新法施行に伴う本格的な産業化の実現へ向けて」での講演で、開発中の自家培養軟骨について、「2015年内に治験を始めるめどがついてきた」と明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)