2015年3月21日まで開催された再生医療学会総会で「再生医療の安全性」についてのシンポジウムが開催され、先端医療振興財団の川真田伸氏らが講演した。川真田氏は、2014年に理化学研究所が中心となって行ったヒトiPS細胞由来の網膜色素上皮(RPE)細胞移植の臨床研究において、前臨床段階での造腫瘍性試験の方法を策定した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)