国立医薬品食品衛生研究所再生・細胞医療製品部部長の佐藤陽治氏らのグループが、培養細胞中に混入した造腫瘍性細胞の高感度検出法の開発を進めている。開発した試験法が100万分の1個の割合で混入した細胞を高感度かつハイスループットに検出できることを明らかにし、3月19日から横浜市で開催された第14回日本再生医療学会総会で、同研究所協力研究員の草川森士氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)