ゲノム解読を患者の治療選択などへ応用しようというのが本来のクリニカルシーケンス。しかし、現在の日本では実地診療での応用についての議論が無いと指摘。クリニカルシーケンスが持つ価値を享受するためにも早急にシステム作りが必要と説く。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)