メリーチョコレートカムパニー(東京・大田、吉田宏社長)は、東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林樹芸研究所と、カカオなどの熱帯原産農作物について、地域の特性を生かした生産・利用システムを日本で構築する共同研究を開始すると、2015年3月19日に発表した。両者は、日本国内における増殖・栽培、商用利用する生産システム構築、希少植物の保存、成果を大学教育や生涯教育に資する研究を進める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)