2015年3月下旬に岡山市で開かれる日本農芸化学会2015年度大会では、乳酸菌やビフィズス菌などプロバイオティクスの関連発表が多数予定されている。プログラム検索で「乳酸菌」がヒットする演題数は32件、「ビフィズス菌」「Bifidobacterium」は13件で、合計42件(重複3件)。この中で企業は、江崎グリコ、森永乳業、雪印メグミルク、明治、キッコーマン、山田養蜂場本社など。このうち江崎グリコはこの学会発表の説明文を3月11日に発表し、森永乳業は3月13日にニュースリリースを出した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)