米AgeneBio社は2015年3月11日、同社のリード化合物である AGB101 のフェーズIIの結果を取りまとめた論文がNeuroImageClinical誌に掲載されたと発表した。同臨床試験データは、AGB101が、aMCI患者の脳のネットワーク機能を回復し、記憶力を向上させたことを示した。同臨床試験は米国立衛生研究所(NIH)からグラントを受け、米Johns Hopkins University により行われた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)