総医研ホールディングスで、抗疲労食品イミダペプチドを扱う健康補助食品事業が伸長している。イミダペプチドが登場した2009年6月期は、トクホ(特定保健用食品)試験等を請け負う評価試験事業が総売上高の35%を占めていた。しかし、今期はこれが5%に低下する一方、健康補助食品事業は45%に達する勢いだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)