血液を使って癌の診断を行うリキッドバイオプシー(LB)の研究開発が急速に進行中だ。低侵襲のLBを頻回に実施して、変化する癌のドライバー変異をモニタリングできる。エクソソームやCTCを解析すれば、生検では不可能な癌の予後予測ができる可能性も。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)