「心臓の他家移植の系で、ex vivoで抗原特異的に教育した制御性T細胞(Treg)の投与は拒絶反応を抑制した。今後、制御性T細胞の誘導や安定化させる研究をさらに進めていき、移植のみならず自己免疫疾患やアレルギーの制御にも応用したい。一方で、逆に制御性T細胞を特異的に不安定化させる方法の開発も目指す」──マウスを用いた心臓移植実験系で誘導性制御性T細胞(iTreg)が有効であることを示した慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室教授の吉村昭彦氏にTregの研究動向について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)