「5年程度で抗体の医薬品受託製造(CMO)への進出にめどを付けたい」──三菱ガス化学の子会社で2014年4月に設立されたMGCファーマが、実績のある微生物培養に加えて新たに動物細胞培養のノウハウを取り入れ、医薬品分野での事業進出を進めている。三菱ガス化学天然ガス系化学品カンパニー企画開発部部長でMGCファーマ取締役事業開発部門担当役員の長谷川俊明氏に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)