オンコリスバイオファーマは、岡山大学が開発した国産の腫瘍溶解性ウイルス、テロメライシン(OBP-301)を開発している。同社の浦田泰生社長が2015年3月4日、本誌の取材に応じ、ウイルス療法の課題やテロメライシンの開発戦略について考えを語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)