文部科学省は10日、全国9カ所の橋渡し研究支援拠点が育成するシーズの中から、実用化に向けたさらなる研究加速を目指した育成費用の支援対象、34課題を決定した。橋渡し研究支援推進プログラムの一環として行っているもので、来年度予算成立後に日本医療研究開発機構から予算を配分する予定。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)