エーザイは2015年3月5日、都内で記者懇談会を開催した。同社の内藤晴夫社長(写真)は「レンビマ」(海外での商品名は「Lenvima」、一般名はレンバチニブ)のピーク時の売り上げを1200億円超とした試算を披露した。また、エーザイと米Biogen Idec社が共同で開発するアルツハイマー病治療薬の候補を「世界最強のパイプライン」と表現し、独自の手法での開発を進める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)