岩手大の吉川教授、RNAウイルスで開花/世代促進とエピゲノム育種

(2015.03.07 00:00)1pt
河田孝雄

 30年ほど前に日本のリンゴ樹木から発見されたRNAウイルスが、植物の遺伝子機能解析やエピゲノム育種に、革新をもたらしている。岩手大学農学部の吉川信幸教授(農学生命課程)らは、この研究成果の一部を、2015年3月28日から31日まで明治大学駿河台キャンパス(東京・千代田)で開催される日本植物病理学会創立100周年記念大会で発表する。次いで、6月に盛岡市で開催される第23回果樹ウイルス性病害の国際会議(ICVF 2015 Morioka)で吉川教授が一連の成果を発表する。ICVFの日本での開催は今回が初めて。会期は6月7日から12日までで、吉川教授が開催責任者/運営委員長を務める。2014年秋から始まった内閣府のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)が、この革新技術の実用化を後押ししている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧