リキッドバイオプシー(Liquid Biopsy:LB)の研究が世界で広がっている。ドイツQIAGEN社は、LBの解析対象となるセルフリー(cell free:cf)DNAなどの精製技術を持ち、研究用試薬や診断薬の研究開発、販売を行っている。日本法人キアゲンのStephane Perrey社長が、2015年2月13日、本誌の取材に応じ、LBの臨床応用に当たっての課題について語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)