コンパニオン診断薬(CDx)を活用した個別化医療の広がりは、医薬品の安全性向上や、費用対効果の改善をもたらす可能性がある。一方で、使用する薬剤の費用やCDxを使った検査の実施料は世界的に高額化する傾向が指摘されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)