2015年1月11日から16日にかけて、米国モンタナ州にてゲノム編集と合成生物学をテーマとしたKeystone Symposia(Precision Genome Engineering and Synthetic Biology)が開催された。筆者は研究室の大学院生1人を連れて参加し、同じく日本から参加した数名の研究者や留学中の日本人ポスドクらも交えて親交を深めた。シンポジウムでは世界の最先端のゲノム編集・合成生物学の研究成果が連日発表され、私を含む参加者は大いに刺激を受けた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)