米California大学Riverside校(UC Riverside校)は2015年2月23日、Environmental EngineeringのCharles Wyman教授率いる研究チームが、バイオ燃料の原料となるリグノセルロースを分解するのに必要となる酵素の量を大幅に減らすことにより、その生産コストを30%以上も削減することができる新規の前処理技術を開発したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)