「PIポリアミドによるミトコンドリア遺伝子疾患治療用の核酸類似体薬のように、中分子で、我が社の強みが生き、事業になった際には製造にも関わることができる研究テーマを積極的に推進していきたい」──神戸天然物化学(神戸市西区、広瀬克利社長)がバイオ事業の強化を進めている。広瀬氏(写真中央)、同社KNCバイオリサーチセンター長でバイオ事業部長代行・生命科学部長の小菅康孝氏(写真右)、東京営業所長の真岡宅哉氏(写真左)に同社の事業戦略について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)