経済産業省は2015年3月2日、再生医療の産業化に向けた原料細胞の入手等に関する有識者研究会の第2回会合を開催した。会合は全部で3回行う予定で、皮膚や脂肪、軟骨、滑膜、歯、羊膜、臍帯血などの手術で摘出されたヒト試料に限った入手について議論を進めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)