米Genentech社と米Fluidigm社は、2015年2月25日、Fluidigm社のマイクロフルイディクス技術に基づく「SNP Trace」パネルが、現在ヒト細胞株の認証に用いられているSTR(short tandem repeat)法と同等の能力を持つこと、STR法より低コストで、短時間のうちに結果が得られることを明らかにした。詳細は、Genentech社のMay M. Y. Liang-Chu氏らによって、PLOS ONE誌電子版に同日報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)