米Bristol-Myers Squibb(BMS)社と米Rigel Pharmaceuticals社は2015年2月23日、Rigel社の持つ低分子のTGFβ受容体キナーゼ阻害薬の幅広いポートフォリオを使い、癌免疫療法の探索、開発、商用化で協力することで提携したと発表した

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)