2型糖尿病治療に用いられているメトホルミンが、CD8陽性T細胞のアポトーシスを抑制することが明らかとなった。2月28日に都内で開催された第12回日本免疫治療学研究会学術集会で、岡山大学病態制御科学専攻腫瘍制御学講座免疫学分野教授の鵜殿平一郎氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)