海外大手製薬企業の2014年の決算が出そろった。米Amgen社では主要製品が伸びて増収増益を確保した。2015年には2つのバイオ後続品のフェーズIIIの結果が判明する。米Gilead Sciences社についてはC型肝炎治療薬の驚異的な伸長を示して売上高は2.2倍になった。米Eli Lilly社と米Bristol-Myers Squibb社は減収減益。米AbbVie社は増収減益となり、「ヒュミラ」は125億ドル超製品となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)