淡明細胞型腎細胞癌(ccRCC)では遺伝子の腫瘍内不均一性よりも腫瘍間不均一性の方が高く、ドライバー変異は時間、空間、治療を超えて維持されることや、パゾパニブ投与後の腫瘍内不均一性減少は“Darwinian selection”によるものである可能性が、治療前生検組織と腎摘除組織のエクソーム解析により示された。2月26日から28日まで米国オーランドで開催された2015 Genitourinary Cancers Symposium(ASCO GU 2015)で、米University of North Carolina at Chapel HillのJed Ferguson氏らが報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)