経口pan-classI PI3K阻害薬BKM120とアビラテロン/プレドニゾロンの併用により、転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)の臨床的および生化学的改善が得られることが、フェーズIb試験の予備的データにより示された。2月26日から28日まで米国オーランドで開催された2015 Genitourinary Cancers Symposium(ASCO GU 2015)で、米Beth Israel Deaconess Medical CenterのAkash Patnaik氏らが報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)