非腫瘍形成性の多能性成体幹細胞、あるいはMuse細胞は、骨髄細胞や皮膚細胞から派生する間葉系幹細胞内にある、まれな細胞群である。複数の論文が、SSEA3陽性CD105陽性細胞が、自己複製することができ、3つの胚葉全てに分化できることを示した。しかしながら、これらの細胞は増殖能力が低いため、腫瘍化の可能性は極めて低い。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)