京都大学は2015年2月27日、高血圧症治療薬を対象とした臨床研究「CASE-J試験」に関する調査結果を公表するとともに、湊長博副学長(前医学部長)などが会見した。CASE-Jについては、試験結果を伝える広告のグラフに操作が加えられたのではないかなどの疑惑が指摘されていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)