尿路上皮癌は遺伝子発現プロファイルにより、化学療法感受性が高く、血管新生阻害が有効な可能性があるタイプや化学療法抵抗性で骨転移が起こりやすいタイプ、化学療法感受性があり、FGFR異常が認められるタイプの3つのサブタイプに分けられ、特徴に応じて治療戦略を変える必要性が示唆された。2月26日から28日まで米国オーランドで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU 2015)で、米MD Anderson Cancer CenterのArlene O. Siefker-Radtke氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)