転移を有する去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)患者において、血中循環腫瘍細胞(CTC)の特徴から、アンドロゲン受容体シグナル伝達(ARS)阻害薬とタキサンを用いた化学療法に対する感受性を予測するバイオマーカーが同定された。2月26日から28日までオーランドで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2015)で、米Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのHoward I. Scher氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)