最近、IL2を用いた制御性T細胞の刺激による自己免疫疾患治療への応用に世界中が注目している。海外で行われた、移植片対宿主病(GVHD)に対するIL2の有効性についての試験結果をNEJM誌に報告した岡山大学血液・腫瘍内科助教の松岡賢市氏は、近く国内で医師主導による臨床治験を開始する。松岡氏にこれまでの研究の概要について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)