樹状細胞への刺激を通じて自然免疫と獲得免疫、記憶免疫を誘導する研究を進めているのが理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫細胞治療研究チームチームリーダーの藤井眞一郎氏。藤井氏に、これまで得られた知見と今後の展望について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)