科学技術振興機構(JST)は、国際科学技術共同研究推進事業(SICORP)「日本-ニュージーランド共同研究」において、ニュージーランドビジネスイノベーション雇用省(MBIE)と共同で取り組む「機能性食品」の共同研究課題として2014年度の新規課題3件を決定した。研究期間は研究開始から最大2年間で、支援規模は1課題当たり総額2080万円/2年間を上限とする(間接経費を含む)。今回は、応募のあった9件の中から3件が選ばれた。日本側の評価委員(5人)の研究主幹は、東北大学大学院農学研究科の国分牧衛教授が務めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)