東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻の佐藤守俊准教授と河野風雲特任研究員らは、生体分子の細胞内での働きを、高精度で高速に制御できる小さな光スイッチ蛋白質「Magnets(マグネット)」を開発した。英Nature Communications誌で2015年2月24日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)