米国では今、ゲノム検査に関する規制の枠組みに再考が必要になっている。安全性を犠牲にすることなく、検査の利益を最大限に引き出すために、監督当局である米食品医薬品局(FDA)は今後、どのように規制を変化させていくのだろうか。米Broad Institute of Harvard and MITのEric S. Lander氏は、NEJM誌電子版に2015年2月17日に発表したPerspectiveで、FDAが現在進めている取り組みについて紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)