医薬基盤研究所アジュバント研究プロジェクトの大西元康氏らは、2015年2月13日、環状デキストリン(Hydroxyprophyl-β-cyclodextrin;HP-β-CD)が、ワクチンのアジュバントとして有用であることを明らかにし、免疫刺激の機序の分析も行って、詳細をImmunology誌電子版に同日報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)