アドレノメジュリンは1993年に日本の研究グループにより発見された生理活性ペプチドである。強力な血管拡張作用を持ち、降圧薬や炎症性疾患治療薬などとしての研究開発が行われてきた。しかし、これまでに医薬品としての実用化は実現していない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)