東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻の村田昌之教授と同博士課程の中津大貴氏と堀内雄太氏らは、細胞外液中のL-システイン濃度増加による膵β細胞のインスリン分泌不全が、ピルビン酸キナーゼの1つであるPKM2蛋白質の可逆的な機能阻害により起こっていることを発見した。東京大学大学院医学系研究科の門脇孝教授らと連名の論文を、米科学アカデミー紀要(PNAS誌)で2015年2月24日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)